これ買お! 〜暮らしのインフォメーションBlog〜

個人的に気になるもの、使って良かったものを紹介するブログです。

革靴、ブーツがカビてしまったら、「カビ取り&クリーナー」でカビの除去、ついでに予防までやってしまおう!

2016/08/06

「カビ取り&クリーナー」の特徴

8月です。

ジメジメしてヤバイ時期が続いています。カビの季節真っ只中です。

そしてやっぱり筆者の靴も被害に遭ってしまいました。

そこで今回ご紹介する「カビ取り&クリーナー」でカビの除去を試してみました。

最初に筆者が実際に使用した感想も踏まえて「カビ取り&クリーナー」の特徴をまとめたいと思います。

商品名
カビ取り&クリーナー SK1931

効果
カビ取り、カビ予防、通常の汚れ取り効果
スェード、ヌバックなどの起毛革にも使用可能
実際、綺麗になり筆者も満足しています。

内容量
70ml(筆者の場合、8足の靴全体をそれぞれカビ取り&予防で2回ずつ。つまり16回分使ったところで無くなりました。)

使用上の注意点など
液体はかなりサラサラしていて独特の鼻をつく臭いがありますが、そこまで気にはなりません。
かなり揮発性が高い液体なので、なるだけ換気の良い場所で使用した方がいいです。
また、筆者は特に問題ありませんでしたが、肌の弱い人は注意が必要だと思います。
厚めのビニール手袋などを使用しましょう。薄いと簡単に破れてしまいます。
(筆者は薄いビニール手袋を使用してすぐ破れてしまったため、ほとんど素手で作業しました。)

筆者はamazonで購入。IMG_1324

「カビ取り&クリーナー」によるカビの除去手順

さて、今回不幸にも被害に遭ってしまった筆者の靴がこちらIMG_1282

青カビがすごいことになっています。IMG_1283

上とは別の革靴。こちらは革のソールがカビだらけ。IMG_1285

このサンダルは一度乾拭きやアルコール拭きをしていたのですがそこからまたカビさせてしまいました。IMG_1284

このブーツは軽症でしたが、もちろん全体をクリーニングします。
IMG_1287

カビ取り&クリーナーを乾いた布に染み込ませ、カビを拭き取っていきます。
強くこすらなくてもカビは落ちていきます。
ただ、スェード、ヌバックなどはすぐに液体が染み込んでしまい広がりにくいので、強めに拭きました。

万が一のカビの感染を防ぐため、カビがひどい靴は布を別にしたり、使う面を別にしたりした方がいいと思います。
(筆者の場合、靴ごとに使う面を変えて拭きました。)

これだけでも十分に綺麗になりますが、一部の靴は革靴を水洗いできる「レザーシャンプー」というものを使って水洗いしました。
(レザーシャンプーに関する記事はこちらから。

その後、完全にカビ菌を殺してしまうために1週間程度、風通りの良い場所に干しました

そして最後に予防のために再度「カビ取り&クリーナー」で念入りに拭きあげます。

靴はすっかり綺麗になり、2週間程度たった現在、当然ながら今の所カビは生えていません
革の表面が痛んだような様子も見受けられません。IMG_1289

一時はどうなることかと思ったこの靴も、よみがえりました。IMG_1290

ソールの青カビも完全に落とせた感じです。IMG_1326

サンダルも綺麗になりました。ただ写真ではわかりませんがちっちゃな黒カビ?のようなものは完全には落とせませんでした。
革自体が変色してしまっているのかもしれません。IMG_1292

靴は全て使用可能な状態になり、筆者も大満足しています。

最終的に靴箱に戻すときは、靴箱自体の掃除を忘れずに!
靴箱にカビ菌がウヨウヨしているとまたカビてしまいます。

「カビ取り&クリーナー」のご購入はこちらから↓

amazonで「カビ取り&クリーナー」を買う。

楽天で「カビ取り&クリーナー」を買う。

SNSのいいね!もお願いします!

-DIY, その他, ファッション