これ買お! 〜暮らしのインフォメーションBlog〜

個人的に気になるもの、使って良かったものを紹介するブログです。

革靴を水洗い!画期的な洗剤、アミノ酸配合「レザーシャンプー」!!

革靴、ブーツを自分で洗えないのかなぁ?と思っている方、必見です。

今回ご紹介するのは革靴を自分で水洗いできてしまう、アミノ酸配合の「レザーシャンプー」です。

この前掲載した「カビ取り&クリーナー」の記事でも少し触れましたが、

カビが酷すぎて「カビ取り&クリーナー」だけでは不安な方。
その他、長年の使用で革靴の汚れ、匂いが気になっている方。

ぜひ、この「レザーシャンプー」で洗ってください。
仕上げにクリームなり靴墨なりで仕上げればかなり満足できると思いますよ!

アミノ酸配合「レザーシャンプー」の特徴

さて、これがそのレザーシャンプーです。今回もamazonで購入。
IMG_1332

なんでもアミノ酸や天然オイルを配合することで、革の色落ちや硬化を抑えているのだそうです。

革靴なら合皮も含め何でも洗えるようです。
ただし革ジャケットなどの衣類、クロコダイルやヘビ、カエル、魚類、エナメル、ムートンなど、特殊な革素材には適さないとのこと。

内容量は90mlです。メーカーさんによる使用目安だと普通のビジネスシューズやスニーカー、パンプスなどで約18足分。
ブーツ、ロングブーツで約6〜9足分とのことです。
(筆者も8足洗って6〜7割程度は余っているのでこんなもんだと思います。)

実際に洗ってみた

さて、箱を開封すると専用のスポンジがセットで入っていました。IMG_1293

バケツに水を貯めて革靴をジャボンと沈めて濡らします。
お湯は使用不可です。(おそらく革が色落ちしやすくなります。)

スポンジも水に濡らし、靴1足に対しキャップ1杯(約5cc)のレザーシャンプーを付けて泡立てます。

思った以上にワシャワシャと泡立ちます。IMG_1296

あとは洗うのみ。
日頃の感謝も込めて優しく洗ってあげましょう。IMG_1295

洗い終わった後は・・・

タオル等でなるだけ水気を切って、靴の中に新聞紙を詰め込みます。なるだけギュウギュウに詰め込みます。
こうすることで新聞紙が余分な水分を吸ってくれますし、型崩れ防止にもなります。

そのまま日陰の風通しが良いところに干しましょう。

干して2日目には中の新聞紙を全て交換しましょう。結構水を吸ってるはずです。

急激な乾燥は革にとって良くありません。カビ対策にもなるので気長に干しましょう。
(筆者は1週間干しました)

干し終わった後、「カビ取り&クリーナー」があるのならそれも塗っておきましょう。カビ防止になります。
最後にクリームや靴墨を使って仕上げです。

靴が綺麗になって筆者はとても満足でした!

 

ご購入はこちら↓

amazonでアミノ酸配合「レザーシャンプー」を買う。

楽天でアミノ酸配合「レザーシャンプー」を買う。

SNSのいいねもお願いします!

-DIY, その他, ファッション