これ買お! 〜暮らしのインフォメーションBlog〜

個人的に気になるもの、使って良かったものを紹介するブログです。

Bluetoothスピーカー <Beats Pill+> お家でBGM、車で使うのも便利!

2019/05/19

配線いらずでコンパクトなBluetoothスピーカーは便利ですよね。

私が持っているのはBeats Pill+です。

Bluetoothスピーカーの購入を考えている人は多いと思うんですけど、ゲームや動画、映画などでの使用をメインで考えている人にはオススメできないです。

その理由は、製品や再生する媒体によって差はありますが、基本的に音声の遅延があるということです(映像と音声にズレがある)
Bluetoothスピーカーは動画を伴わない普通のCDやApple Music、Amazon prime musicなどのストリーミング向けだと思います。

ただし、コーデック(Bluetoothの通信方式みたいなもの)に関して遅延が少ないと言われているものを選べば気になるレベル以下に収まるようです。
コーデックに関しては別の機会にお話ししようと思いますが、代表的なものはSBC、AAC、aptXと呼ばれる3種類があります。
SBCは全てのBluetooth機器に対応している標準的なもので、大抵の場合これで通信しています。ただし遅延が多めと言われています。
あとはAACとaptXについてはどちらも高音質および遅延の少なさが売りですが、aptXの方がより遅延に強いようです。ただしこの2つのコーデックは機種によって対応状況の差があり、例えばaptXのコーデックを使う場合は発信側(スマホなど)と受信側(スピーカー)の両方がaptX に対応していることを確認して購入する必要があります。

つまり、コーデックまで意識して購入すればゲームや動画にも使える「可能性」があるわけですが、色々と事前の確認がいるわけです。

そこまでするのはちょっとめんどくさいですよね。

さて、私がBeats Pill+を購入した理由ですが、
(1)家の中で適当にBGMを流したかったが、置き場所と配線増えるのはイヤだった。
(2)音質は値段に対して可もなく不可もなくぐらいでいい。(いい音で聴きたいときはヘッドホンを使う)
(3)車のオーディオの調子が悪いので代用として使用したかった。
(4)モバイルバッテリーとして使える。滅多に使わないかもしれないが、あると便利な機能
(5)見た目が丸っこくてかわいい

こんな感じです。
特に上から2番目についてですが、スピーカーの音は聴く部屋の環境に大きく依存するので、音質に対する満足度は人によってかなり違うと思います。なのであまりそこに期待しすぎないほうがいいです。

Bluetoothスピーカーは「音楽を聴く」というより「音楽を流す」ことをしたい場合にオススメしたいですね。

私も音質に関しては「ま、こんなもんか」と思いました。だけど気軽に音楽を流せるのでやっぱり便利ですよ。

-デジタル